コーヒーの1日の適量と注意点。飲みすぎで中毒症状が出ることも

コーヒーは健康に良いという話がある一方で、飲みすぎは体に良くないという話も聞きますよね。
大好きなコーヒーも、不安を抱えたままではおいしく飲めません。

結論からいうと、コーヒーの1日の適量はこの表のとおりです。

健康な成人マグカップ3杯
妊婦マグカップ2杯
13歳以上の青少年(体重45㎏として)インスタントコーヒー1缶(250㏄)

参考サイトfsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf

この記事では、
・なぜ適量がこのように決まっているのか

・コーヒーを飲みすぎるとどうなるのか

について解説します。

コーヒーの適量は体格によって変わる

コーヒーの適量は、カフェインの過剰摂取を防ぐために決められています。

カフェインとは、コーヒーやお茶の葉、カカオなどに含まれる、苦味を持った天然成分です。

カフェイン摂取量の目安は個人差が大きく、体重によってかなり幅があります。

日本では適量が明確に示されていませんが、 海外では以下のような基準が設けられています。(健康な成人が摂取しても健康に悪影響がないとされる目安量)

・欧州食品安全機関の定義

1回のカフェイン摂取上限量は、体重1 kgあたり3mg。
50kgの人の場合は150mg

・カナダ保健省の注意喚起

1日のカフェイン摂取量は最大400mg

コーヒーで換算すると、マグカップで1日3倍程度

・アメリカ保健福祉省と農林省で出された目安

健康な大人であれば、コーヒーの適量は1日カップ3~5杯

コーヒーの飲みすぎが体に与える影響

コーヒーに含まれるカフェインは、眠気覚ましや集中力アップなど、良い影響をもたらす

成分でもあります。

必ずしも悪いものではなく、あくまで過剰摂取が良くないのだと考えてください。

一気に大量のカフェイン(3g程度。コーヒー約25杯分)を摂取するとカフェイン中毒を引き起こします。

以下のような症状が発生し、ときには命に関わります。

・吐き気

・手足のしびれ

・動悸

・めまい

・興奮

「それなら、一気に飲みすぎなければ大丈夫だろう」と思われた方もいるかもしれません。

しかしカフェインには、中毒とは別に、飲みすぎによる依存症もあります。

カフェインを摂取しつづけていると、体がカフェインに反応しにくくなり、より多くのカフェインを求めるようになります。

これがカフェイン依存症です。

依存症になった状態で急にカフェインを断つと、離脱症状と呼ばれる以下のような症状が起こります。

・頭痛

・眠気

・抑うつ気分

・集中力の低下

一度カフェイン依存症になってしまうと、自分の努力だけで治すのは困難です。

病院で治療を受けるにしても、なかなか簡単には完治しません。

依存症で苦しまないためにも、コーヒーは適量を守って楽しみましょう。

コーヒーを飲むタイミングにも注意が必要

夜にコーヒーを飲むと眠れなくなる理由

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があります。

そのため、夜寝る前に飲むと脳や体が興奮状態になり、寝付きにくくなります。

(カフェインは最大8時間にわたって体に残ります)

カフェインには利尿作用もあります。

夜にコーヒーを飲むと、トイレに行く回数も増えてしまうので要注意です。

コーヒーが胃にもたらす影響

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、胃酸の分泌を促す効果があります。

空腹時に飲むと、胃酸によって胃が荒れるので要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました